マドリッドの雨の通りに映る影、シンガポールの台所の煙、そしてニューヨークの日没に長く影を伸ばす車たち…

それらの全てはアルバロ・カスタニェットが訪れた都市とその印象を水彩絵の具でとらえたものです。

アルバロは彼の熟練した水彩画の技術をもって、数々のセミナー、ワークショップ、講演などのために世界中を旅しています。

水彩画はいまだ国際的な絵画の世界では十分に評価を得ている技法ではありません。

そのためアルバロは彼の人生をかけて、水彩画の評価の基礎を築いたといえましょう 彼の努力により、現在ではドバイからハノイ、中国からブエノスアイレスへと、水彩画の世界的な評価が高まり、大掛かりなデモンストレーションが各国から求められています。数々の町の通り、広場、いろいろな生活の一コマなどをとらえた彼の絵によって。

アルバロはウルグアイのモンテビデオで生れ 美術大学で絵画とデッサンを学び、同時にミゲル・アンジェロ・パレッハのスタジオでも学びました。その後オーストラリアに移住し、彼の愛する水彩画の完成を夢見て引き続きその地の学校、イギリス人学校など著名な学校で学び続けました。

そしてモンテビデオに帰郷した折、プンタ・デ・エステの町でコルドバ出身の建築家アナマリアと知り合うことになりました。

その後、彼女はアルバロの世界各国での一年のうち10カ月から時には12カ月にも及ぶアルバロの講演旅行や、アーティスト、ファン、企業、アラブの首長、学生たちとの会合などの、すべてのマネジメントを引き受けることになりました。

80年代、彼らは20年にも及ぶオーストラリアでの生活の後、彼らのまだ幼い二人の子供たちとともに、故郷のウルグアイに帰国しました。

モンテビデオでの彼は、日常を旧市街ポート・マーケットにある彼のアトリエで過ごします。そこから世界のビエンナーレ、数々の公募展の審査、マスターコース、ワークショップなどへと出かけます。

もう一つの彼の拠点はコロニア デ サクラメントです。そこは彼の恒常的な世界ツアーからの避難所でもあります。

またこの世界中への旅行には、二人の息子たちと家族で過ごす旅行も含まれています。長男がガストンは父と同方向の道を歩み、グラフィティ、タイプグラフィーイラストを専門とし、次男カルビンは経済学を学んでいます。

彼は近年だけでも、ジロナ、マルタ、ミラン、シンガポール、ドバイ、中国、ベトナム、ロシア、エストニア、フランス、ベルギー、オランダなど数えきれないほどの場所で、その才能とカリスマ性によって、VIP、マスター、時にはロックスターのような待遇を、人々とメディアによって受けることになりました。

国際美術市場においては著名な水彩画家として位置し、画壇や学生たちの間でも重要作家として認識されています。

2017年だけとっても、多くの重要な賞を受賞しています。

ニューヨークの Hudson Valley Art Association によるFrank V.Dumond Memorial Award が彼の作品(橋)に 与えられました。

著名な“NY Soho”,American Watercolor Societyによる創立150周年記念においては、アルバロの作品が名誉の銀メダルを受賞しました。その作品はほとんどモノクロで描かれた、建物のファサードの衝撃的な作品です。

カリフォルニアのサンタ・フェでは、 La PACE (Plein Air Convention and Expo) から、彼の長年の水彩画に対する功績に対しての賞を受賞し、ニューヨークのアメリカ水彩画協会(AWS)からも受賞しました。そのAWSからのDelfínメダルは、芸術に関しての顕著な、特に水彩画においての貢献に対して与えられるもので、名誉会員となりました。

また他の賞としては 上海朱家国際水彩画ビエンナーレ賞があります。この賞によって中国アート市場においても知られることとなりました。

このような多くの受賞によって、アルバロは彼が若い時から尊敬するアンドリュー・ワイエスのような、偉大なアーティストのレベルに位置づけられることとなりました。

アルバロの作品の多くは都市の風景です。広場、カフェ、交差点、マーケット、建物のファサードなどです。

彼の絵を描く際のスピードはまさに驚異的です。

彼のウェブサイトを見るだけでも、絵の具、刷毛、筆を自由自在に使いこなし、抽象的なシミのようなものから、細密な描写へと豊かな構成を生み出していくのを見ることができます。

例えば一つの背景から、ただ一つの筆運びによって、バロック形式の建物が表れてくるのを見ることができます。

光と影との完全な掌握、そして霧、雨、夕日などの自然の要因が彼の絵画に不思議な物語性を与えます。

ファーストウオシュから無限のグラデュエーションへと変化していく過程を正確につかみ、それが具象的でありながら感情を揺さぶる作品へと変化していくのを見ることはまさに驚異的です。

彼のウェッブサイトにおいても彼の使用する筆や作品創作過程のビデオを紹介しており、それは世界中で水彩画を学ぶ人々や作家などからフォローされ、世界レベルでの水彩画教室となっています。

そして最も重要で困難なことは:

その作家の独自のものであると認識されるスタイルを獲得することです。

創造的で、しかも限りない芸術の世界のなかで、アルバロは彼の絶え間ない探求心と実験を積み重ねる努力によって、世界に認められる一つの新たな痕跡を残すことができたと言うとことが出来るでしょう。

彼のウェブサイトで、彼の旅、ワークショップ、展示会、教室の様子を見ることができます。

Tagged: arte, castagnet , uruguay

Share This

Related Posts

Leave a Comment


dillards mens